旅のあれこれ

琉球 片道切符旅 19 楽園へ🦋

昨日のユタさん整体師のおかげで腰が劇的回復。ありがたやー

今日は朝から離島ターミナルへ。初の西表島、由布島へ行くのだ。

ここまで紆余曲折が。神が指定したなによりも大切な今回の行き先は波照間島。

しかし、予約したのに船が欠航の恐れ。行ったとしても帰ってこれないかもしれないと申し込んでいたツアーがキャンセルになった。
ダイビングの予約をずらしてまで波照間最優先にしたにも関わらず。

やはり、昨日のユタさんの言葉が現実となるのだろう。私もそう感じていた。つまり、もう一度、やり残した宿題をしに石垣島に戻ってこいということ。
しかも、神の采配によるあらかじめ予定されている再試験状態。神の策にまたしても弄される私😂
だって、実は明日に波照間を延期して申し込みし直したのだ。そこまでして神のご意向に沿おうとする私に高波4Mで明日も欠航のお知らせ。
↑ 接続詞の活用法のようになったが、神はあらかじめ私を石垣島に複数回来させるという作戦を石垣島の神々と結託しているとしか思えない展開。

終わらない沖縄のご縁。それどころか離島にまで範囲拡大。

昨日、ツアー中止の電話をもらった時にダイビングも日にちをずらしたから丸1日空いてしまうんですーと悲痛な声を出した。

するとツアー会社のおばちゃんは同情してどこに行きたいか聞いてくれた。水牛!!と即答する私。
土日でどこも満席の状態の中、長い保留の後に西表島・由布島ツアーならちょうど1名のみ空いていると案内してくれたのだ。

平べったいのが新城島。江戸の大津波で2つに分かれたから通称パナリ(離れ)

ラッキー!でも、水牛は竹富島じゃ?
西表島は「い」がつくので行かなければならないと思っていた。
土地勘がないので水牛は竹富島なんだと思っていた。ところが、海を渡って由布島に行く水牛は西表島から出るんだそうだ。
おまけに西表島 仲間川のマングローブクルーズと美味しい沖縄料理のお弁当つき。

それ!行きます!と即答。案内してくれたおばちゃんと喜びを分かち合い今朝、はりきって出発。

豪華なお船で西表島へ入港。なんと人間より牛の数が多い牛好き私のパラダイス「黒島」が見える。
そして、パナリは離れという意味だと知った新城島(あらぐすくじま)も見える。
喜ぶと同時に次、来るときはあそこもですよと言われた。やはり再来島計画は用意周到だったのだ。はじめから指示すると嫌がるのを知っている何枚も上手の月読命さま。
もはや何も驚かないぜー。最近、スパルタ神に変貌した月読命さまの翻弄スタイルにも慣れてきたぜー

仲間川マングローブクルーズ。晴天で痛いくらいの日差しの中、船は汽水域を進む。
船長さんがわかりやすく説明してくれる。そのうち、今日のこの時間帯に乗り合わせた我々がいかにラッキーだったのかという話に及ぶ。
仲間川の水位は1日6時間ごとに干潮と満潮を繰り返し、午前中が良い日は午後はダメ。その逆も然り。
今日、行けた範囲まで船が進めるのは大潮のこの時期だけで珍しい。3日前に来たら手前で折り返していたそうだ。
そして、午前がこれだけいいと午後は干上がってしまい欠航になってしまうとのこと。
晴天のもと西表島の大自然を満喫できて、改めて雄大な大自然に心から感謝。
(クルーズの動画をリールにアップ)

その後、バスに乗り換えて水牛さんが待っている乗り場へ。

キューン💓もう遠くから見ただけで一目惚れ💕
なんて可愛いんだろう。真っ黒で大きなお目目に長いまつ毛。そして大人しくて賢い。

お姉さんが行くよー、ほーら、行くよと声をかけるとよっこいしょとやっと立ち上がり、なんと自分で木枠の中へ。
ベテラン水牛の小次郎くんはサボる知恵をふんだんにお持ちだとか。
他の水牛くんたちより先に行って早く向こうに着いたらその分、多く仕事をしなければならないと考え一番最後に出ていこう作戦なんだとか。

なんと自分であの取っ手をツノにかけて持ち上げるのです。
お姉さんは乗るだけ。完全自動運転なんだそうです。なので初心者バイトでもちゃんということを聞いてくれるというから優しくて寛大。

ゆっくり進み、途中でおしっこタイム。そして、岸が間近のところでウンコタイム。
草食動物だから敵に自分のニオイを悟られないために水の流れがあるところで用を足すそうだ。
お姉さんはその間、話しかけながら待つ。ほのぼのー♪ずっとニヤけっぱなしの私。
お姉さんの素敵な三線弾き語りで安里屋ユンタを聴きながら無事到着。

貝好きにはたまらないネーミング貝の館 こんな家に住みたい

ついた先の由布島は昭和の台風で島が大損害を受け、全島民がそれぞれ近くの島へ去った中、1組のご夫婦だけが残り「地上の楽園を作る」という志で植物園にしたとのこと。本当にそこは絵に描いたような地上の楽園だった。
南国の花々、木々、私の大好きなオオゴマダラが伸びやかに舞う。

昼食も地元の食材をふんだんに使ったお弁当ですごくおいしかった。

お昼のあと島内を散策していると突然「気仙沼」の文字。
昨日のブログにも書いたが、沖縄では「宮城県」つながりを感じるできごと連発。
東日本大震災から9年かけて流れ着いた杭が今や余生を南国の楽園で大事にされて送っているのを目の当たりにした。
思わず、撫でておつかれさまーと声をかけてしまった。杭も同郷の私に声をかけられて嬉しかっただろう。勝手な推測😅

島内は小学校跡地、井戸の後など人々が台風に遭うまで生き生きと暮らしていた面影がある。
その中を残った夫婦たった2人でどんな思いでこんな楽園を作ったのだろう?今やたくさんの人を喜ばす偉業を残してくれた。

帰りもまた水牛車で西表へ帰る。帰りの牛くんはなんと武蔵くん。武蔵と小次郎。
かつて、宮本武蔵オタクだった過去をもつ私(小学校高学年の時)何十頭もいる中で私が乗り合わせた因縁😂

石垣港へ14時半頃着。あまりにもお天気がいいのでそのまま街中を散策することにした。
宮良内殿(みやらどぅんち)へ。琉球王府時代の役人が住んでいた住居。沖縄本島にはたくさん貴重な建造物があっただろうが戦火で何一つ残らなかった。
なので、石垣島にあるこの建物こそ現存最古の役人のお屋敷なんだそうだ。
おじさんが暇そうに何か読んでいるところに¥200を払う。「あんたどこから?」「仙台です」
誰も来ない。庭を見ていると一人男性がきたがすぐにいなくなってまた一人。落ち着くー♪この沖縄の庭。屋根瓦、石塀、そして吹き渡る気持ちい風も大好きなんだよねー

沖縄に足繁く通うきっかけとなった2019年に神からまるで首里城消失の予知のために予備知識として読まされた「テンペスト」
関連:私と琉球ものがたり①

琉球王府の役職名はこの本で覚えた。すんなりと頭に入った上にちゃんと記憶にも定着して自分でも驚いた。

それにしてもこの住宅の無愛想なおじさんは退屈そう。話しかけてみた。無愛想だったがポツリポツリと話し出した。
そして、泡盛の話、戦後アメリカ統治下で食べたまずい米の話、沖縄で作っている現在の米の話、宮古島と石垣島の水と食べ物の違いなどたくさん教えてくれた。

そして、あんたは石垣島好き?と。「ジワジワ好きになってきました。しかも日に日に体に馴染んでいくような感覚が怖いほどです」というと「あんたも繰り返し来るようになるね。一度来るとみんな何度も来ちゃうようだよ。ほとんどの人はダイビングだろうけどあんたはダイビングじゃなくてもまた来るな」と。

このおじさんにも言われたら再来島決定!!もう来ますとも!道もだいぶ覚えましたとも。
予想外に話が弾んだおじさんにお礼を言って、再び路地をぶらぶらしながら散策。

ふと夜光貝という手書きの看板を立てかけて貝細工をせっせとしている男性を発見。貝に目がない私。しかも夜光貝細工に実は興味津々で昨日、工房を覗きに行ったのに休みだったのだ。

その男性は私が大好きな螺鈿細工の職人さんで日曜日だけ街中でアクセサリーや小物を製作販売しているとのこと。
思わず教室とか弟子入りとかないんですか?と口をつく軽率な私😂ハッとして仕事の苦労や難しさをたくさん聞いてみた。
そして、本当はずーっと夜光貝の勾玉が欲しかったこと、でも、ないから出雲で南紅瑪瑙の勾玉を買った話などをすると並んでいないペンダントヘッドを出してくれた。いやーん!!これ、大好き!即買い。関連:ミラクル出雲旅🌈

今日はなんにも買う予定じゃなかったのに牛好きの私に水牛さんがドツボ。なんと水牛デザインバッグを買ってしまった。
そして、この夜光貝ペンダント。もう一気にご散財。

11月には知り合いの本島のおじさまにいわく付きの貴重な丸ごと夜光貝を御礼にいただいてスーツケース重量オーバー。にもかかわらず神の采配で追加金なしで乗せてもらった逸話あり。また今回も神からのご褒美は夜光貝✨と牛さんパラダイス🐃

もうホクホクになってウキウキ桃林寺までお散歩。石垣牛のハンバーグを食べてご飯をおかわりして帰路へ。
この頃から風が強まり車に乗った途端にポツポツと雨。
そして、明日の波照間便も欠航。明日は第2の牛さんパラダイスへ行き先変更♪
またくるんだなーと思ったら全くお気楽になって、波照間になんとしてでも行かねば!という気持ちも無くなりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球 片道切符旅18 不思議な出会い前のページ

琉球 片道切符旅 20  2日連続 牛三昧💓次のページ

ピックアップ記事

  1. ひょんなことから❉❉❉
  2. あなたはあなたの魂の目的をもうわかっていますか?
  3. ホームページ リリースのお知らせ🌸
  4. これまでの対談動画を一挙公開😆🌟
  5. ミラクル水でパワースポット化🌈

関連記事

  1. 旅のあれこれ

    完全一人旅にチャレンジ♪

    今年はチャレンジが次々とやってくるチャレンジングな年!(^^)!そ…

  2. 旅のあれこれ

    奇跡の旅路✨

    7月に初対面だった風之奏音の社長 立花親子からお誘いいただいて、初対面…

  3. 旅のあれこれ

    琉球旅 ピンポイント石垣島④

    前回のお話 琉球旅 ピンポイント石垣島①  琉球旅 ピンポイント石垣島…

  4. 旅のあれこれ

    琉球 片道切符旅 こぼれ話① カードリーディングin久米島

    久米島で東北出身の移住者たちと出会い、楽しい数日間を共にした。…

  5. 旅のあれこれ

    琉球 片道切符旅 15  愛しの宮古島またね💓

    海が見えてビーチまで歩いていける愛おしく快適な滞在先を後にして、仙台の…

  6. 旅のあれこれ

    南太平洋の楽園🐠🌺フィジーへ🇫🇯

    潜在意識に刷り込まれた願望はいつか必ず叶う❣️これは事実だ。「…

おすすめ記事

  1. 沖縄ロングステイ2024🌺⑨ 図書館📗&石庭再訪🌴
  2. 沖縄ロングステイ2024🌺⑧ 石庭🌴
  3. 沖縄ロングステイ2024🌺⑥ 来間島再訪
  4. 沖縄ロングステイ2024🌺⑦ 大神島⛰
  5. 沖縄ロングステイ2024🌺⑤ 池間島
  6. 沖縄ロングステイ2024🌺④ 人生180度好転
  7. 沖縄ロングステイ2024🌺③ 立て直し旅
  8. 沖縄ロングステイ2024🌺② 贅沢時間🌟
  9. 沖縄ロングステイ2024🌺① 神の意図😅
  10. ミラクル水でパワースポット化🌈
  1. 元気になるお話

    国際的予知!?
  2. 元気になるお話

    すべてのものはメッセージ⭐️
  3. 旅のあれこれ

    琉球 片道切符旅⑥ 久米島Day2
  4. 旅のあれこれ

    琉球片道切符旅 24 最後に遊ぶ🤩
  5. 旅のあれこれ

    From Fiji🇫🇯⑥ 大収穫💚💛💖
PAGE TOP